【初めての転職】未経験者がタクシー会社へ転職する時の不安10個

こんにちはタクブロを運営しているヒロです。

タクシードライバーに転職する時に不安になることはありますよね。

悩み人
悩み人

これからタクシードライバーに転職したいんだけど、不安だな〜。
どんな不安な事があるの?

転職は必ずと言っていいほど、不安があります。

この記事では、

・転職に対する不安

・タクシー会社に就職する時の不安

・転職を躊躇している

と言った理由で、タクシー会社に転職を考えている人に向けて、

転職に対する不安な事を紹介していきます。

今から紹介する10個は、実際に私が転職する際に不安に思ったことです。


・タクシー会社に転職するのに不安を感じる

・事前に困ることを知っておきたい

・トラブルに巻き込まれたくない

このように考えている人は、是非ご覧ください。

この記事を読むと、初めてのタクシードライバー転職の不安が軽くなりますよ。

目次

タクシードライバーに転職する不安10個

早速、転職にするにあたって不安に思う事を10個紹介していきます。

①:地理への不安

②:経済的な不安

③:お客さんとのコミュニケーション

④:乗客の危険性

⑤:競争の激化

⑥:交通事故のリスク

⑦:長時間の労働

⑧:規制の変化

⑨:車両のメンテナンス費用

⑩:タクシー需要の変動

事前にこのような不安がありました。少しでも知っておく事で、転職後の悩みやトラブルを回避できたり、スムーズに仕事に入っていけると思います。

もう少し、丁寧に解説していきますね。

1. 地理への不安

タクシードライバーに転職する際、知らない道や新しい土地が最初の不安になります。

道路や地理に不慣れな場所で運転は、初めての経験となります。また、お客様を安全に運行しないといけないので、地理が分からないとお送りすることができなくなります。

2. 経済的な不安

新しい仕事に転職することで、収入が不安定になる可能性があります。

特にタクシードライバーの収入は需要や労働時間によって変動しやすいです。

月収=固定給+歩合給

月収=完全歩合給

この2パターンが多いです。

なので、タクシードライバーの給料は歩合給ということもあり、収入は不安定です。

これが経済的な不安になります。

なので少しでも不安を軽くするために、入社当初は月給保障制度を設けている会社もあります。

3. お客様とのコミュニケーション

タクシードライバーは様々なお客様と会話をすることがあります。自信がない場合、不安要素となるでしょう。しかしながら、すべてのお客様が会話をしなければならないわけではありません。

お客様も苦手
乗車している間は休みたい
仕事をしている

その場の空気を読みながら、コミュニケーションを図っていくことが重要です。

4. 乗客の危険性

ドライバーとしての仕事は、時には危険な状況に遭遇することもあります。特に夜間や特定の地域では、危険な状況が発生する可能性があり、これがドライバーにとっての不安となります。

酒に酔っている
日常でストレスを抱えている
無賃乗車

5. 競争の激化

タクシー業界は競争が激しく、ライドシェアサービスや他のドライバーとの競争が激化することがあります。需要と供給の変動に敏感であるため、これが収入の安定性に影響を及ぼすことが懸念されます。

ライドシェアって

ライドシェアとは文字通り、Ride(乗る)をShare(共有)することを意味します。
いわば「相乗り」です。

ライドシェア 条件付き解禁へ どう変わるの?~NHKサクサク経済Q&Aより抜粋~

一般のドライバーが有料で人を運ぶことができます。

ライドシェアが解禁されえることによる、お客の取り合いが起こる可能性があります。

6. 交通事故のリスク

運転中に交通事故が発生するリスクは常についてまわります。ドライバーとしての責任は大きく、事故が発生すると人身事故や車両の損傷など、多岐にわたる問題に直面する可能性があります。

7. 長時間の労働

タクシードライバーは長時間運転することが一般的であり、これが疲労やストレスを引き起こす恐れがあります。長時間の労働が生活全体に及ぼす影響が懸念されます。

勤務体系

昼勤務(朝~夜)
夜勤務(夕~深夜)
隔日勤務(2日分)

という勤務体系に分かれます。

昼勤務・夜勤務は8時間勤務になりますが、隔日勤務になりますとおおよそ16時間勤務になります。

もちろん間にこまめな休憩を挟みながら、勤務していきます。

長時間の運転は、事故にもつながる恐れもありますので、不安の要素をなりますね。

8. 規制の変化

タクシー業界は規制の変化があるため、これが不安要素となります。新しい法令や規則への順応が求められ、これに適応することが難しい場合、不安が高まることがあります。

9. 車両のメンテナンス費用

ドライバーとして、車両のメンテナンス費用は避けて通れない課題です。車の故障やメンテナンスによる出費が、経済的な不安を引き起こす一因となります。

例えば

車両の損傷に対する修理費

2種免許の会社負担分の返却

高速料金の自腹

クレジットカード決済の手数料

など、タクシードライバーに関わる費用の負担がある場合があります。

10. タクシー需要の変動

タクシードライバーの仕事は予測が難しく、需要や収入が安定しづらいことが最後の不安材料です。需要の変動やシーズンによる影響が、ドライバーの経済的な安定感に影響を及ぼすことがあります。

不安を解消するには、事前に経験者に相談するのも1つの方法

不安を解消するには、経験者に相談するのも方法です。

経験者がいない場合は、転職コンサルタントに相談してみましょう。

実際に私は、経験者の知り合いがいなかったため、転職コンサルタントに相談しました。

転職コンサルタントは、タクシー業界のことを専門的に知っています。

①:地理への不安

②:経済的な不安

③:お客さんとのコミュニケーション

④:乗客の危険性

⑤:競争の激化

⑥:交通事故のリスク

⑦:長時間の労働

⑧:規制の変化

⑨:車両のメンテナンス費用

⑩:タクシー需要の変動

今回紹介した10個の不安材料に対処するためには、事前に経験者もしくは転職コンサルタントに相談してみましょう。

僕も未経験での転職だったので、不安がありました。

そんな不安を軽くするために、転職サイトに登録して相談しました。

こちらの記事で解説しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次